APIからJsonを取得しデシリアライズするときは以前はGsonが使われていましたが最近はMoshiが使われています。アプリの本番ビルドをしたときは難読化の影響を受けるのでMoshiでデシリアライズする場合はそれを考慮に入れないとクラッシュしてしまいます。その場合はproguard-rules.proに下記のようにルールを追加します。

-keepclassmembers class ファイルが存在するパッケージ名.** { *; } // **にデシリアライズするときのモデルのファイルがある

proguard-rules.proの書き方や他のオプションもあるのですが、とりあえずクラッシュだけさせない場合は上記のみ書けばクラッシュしなくなります。