Composeの@Preview便利ですよね。@Previewをを使い込んでいくと「プログラム実行時の処理と@Preview時の処理を分けたい」場面が出てきます。例えばプログラム実行時にサーバから画像を取得して表示するけど@Preview時は通信できないのでローカルの画像を表示するとします。そのときはLocalInspectionModeを使うと便利です。

https://developer.android.com/jetpack/compose/tooling/previews?hl=ja#localinspectionmode

@Composable
fun compose() {
  if (LocalInspectionMode.current) {
    // @Previewでプレビュー表示されている場合
      // ローカル画像を表示する等
  } else {
    // 通常の実行時
    // 通信して画像を表示する等
  }
}

AndroidViewだと<ImageView tools:src=”@drawable/ic_app”>みたいな感じですね。ビルドが長いアプリほど導入のメリットが大きいんではないでしょうか。