AndroidStudioのBuildVariantでビルド方法を変更できます。コードをgit cloneしたばかりとかAndroidStudioを再起動したときにBuildVariantがリセットしたりします。そのときに間違ったBuildVariantでビルドしないように普段開発で使うビルド方法をデフォルトにできます。

build.gradle.ktsを下記のように変更し、sync project with gradle filesを実行します。

android {
  buildTypes {
    getByName("release") {
      isDefault = true
    }
  }
}

buildTypesがreleaseの方をデフォルトに変更できました。productFlavorsでも同じことが出来ます。大きいプロジェクトになるとビルド時間が5分を超えるところもあり、意図しないBuildVariantでビルドしてしまうと中止したとしても時間を無駄にしてしまうので、このような細かいところもちゃんとデフォルト設定しておきたいです。