AndroidStudioデフォルトの状態だとaabやapkファイルを生成すると、「app-release.aab」のようなファイル名になっています。これは「モジュール名-BuildVariant.aab」という規則になっているのですが、これはこれでちょっと不便で、いつ、どのBuildVariantでどのバージョンをビルドしたのかわかりません。

今回はこのファイル名にVersionName、VersionCode、日時、BuildVariantを入れたaabファイルが生成されるように変更します。

app/build.gradleに下記を追加します。

import java.text.SimpleDateFormat
import java.util.*

android {
    defaultConfig {
        def format = new SimpleDateFormat("yyyyMMdd_HHmmss")
        format.timeZone = TimeZone.getTimeZone("JST")
        archivesBaseName = "appname-${versionName}-${versionCode}-${format.format(new Date())}"
    }
}

KotlinDSLの場合は下記を追加します。

import java.text.SimpleDateFormat
import java.util.*

android {
    defaultConfig {
        val dateFormat = SimpleDateFormat("yyyyMMdd_HHmmss")
        dateFormat.timeZone = TimeZone.getTimeZone("JST")
        base {
            archivesBaseName = "appname-$versionName-$versionCode-${dateFormat.format(Date())}"
        }
    }
}

このようにすると「appname-1.0.0-2-20220522_102344-release.aab」のようなファイル名に変更されます。GooglePlayConsoleでリリースする時に間違ったファイルをアップロードしてしまったりするミスを防げるかもしれません。